突然ですが、このブログは引越しいたしました!
http://ameblo.jp/merced-genkinaoyaji
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらへお越しください♪
宜しくお願いいたします!

2010年10月07日

峠下牛の蔵元に・・・

行って来ました!
昨日のことなんですがね・・・


広島は竹原市福田に位置する・・・
峠下畜産さん♪


日本農業章大賞受賞と輝かしい実績ももたれております。
その社長峠下清孝さんと2時間ばかし、ぐっさんと共に話し込んできました♪




記念撮影
峠下牛


ここは、雌牛のみ育ててるんですね・・・
それはなぜかって言うと・・・


「雌牛は、雄牛にくらべ不飽和脂肪酸が多いので、飽和脂肪酸が多い雄牛よりも融点が低いため口どけが滑らかなのでとろける感じになるんです!」by社長さん


ええ、本当にその通りで・・・
調理したお肉を食べると柔らかくすぐになくなる感じです♪


でね・・・
大体常時1,200〜1,300頭飼育されてるらしいです。
それも、雌牛だけですから、それは全国でも類をみないらしいです♪


子牛たち・・・
峠下牛


この子牛を22カ月間、約2年ほど育てたら600Kgにもなるとのこと・・・
峠下牛


そうこうしていると・・・
丁度、広島から肉になって帰ってきましてね・・・
作業場に入れるところをパチリ・・・
峠下牛


冷蔵庫に入れた状態・・・
峠下牛


これをいろんな種類の包丁で商品に・・・
包丁


で、四季やで調理した・・・

峠下牛ミスジ炙りステーキ
(なんでもこのミスジは、1頭からおよそ2kgしか取れない希少部位とのこと!)
峠下牛ミスジ炙りステーキ.jpg


続いて・・・
峠下牛たたき
峠下牛たたき


最後に峠下牛スジぽん
峠下牛すじポン


どれもこれも絶品です!!


しかし、色々話してますと・・・
峠下さんの事業に掛ける熱い思い・・・
そして、牛に対する思いやりと温かさ・・・
そんな気持ちを感じずにはおれませんでした!


この峠下さんの牛への情熱を・・・
われわれがどう調理し・・・
どう表現し・・・
どう説明し・・・
どうお客様に伝えるのか・・・



そして、お客様が心底喜ぶことが出来・・・
元気になって帰っていただけるために・・・
われわれはどう振舞っていくのか・・・
また、それを峠下さんに伝えて喜んでいただきたい!


そう、それこそが生産者とお客様への橋渡し・・・
我々の務め・・・
その重大な責務がここにある!


我々は、日々生産者の皆様に感謝し・・・
来て頂いたお客様に感謝し・・・


その仕事に誇りを持ち・・・
日々努力を惜しんではならない!


うん!
飲食業の原点に立ち返ろう♪




------------------------------------------------------------------------------
今日の元気な言葉・・・

”おやじ、これめっちゃ美味いわ♪”

(この笑顔が最高の癒しです!)
------------------------------------------------------------------------------
posted by 元気なおやじ at 15:50| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産者訪問記♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。